負担が軽いボトックス注射で注意すべきコト|医師との話し合いが重要

プチ整形で気をつけること

女性

失敗しないためにすること

ボトックスは注射だけで施術するタイプのプチ整形なので、傷跡自体はほとんど残りません。気になるとすれば施術後に内出血や赤みが出ることくらいですが、保冷材で冷やしていれば数日から1週間ほどでほぼ収まります。他にはボトックス注射に使われる製剤の特性上、アレルギーの症状が出る可能性も否定できません。もし施術後に発疹やかゆみといったアレルギーの症状が出たら、すぐにクリニックに行って診断を受けてください。また施術後に注射した部分が動かしにくくなったり倦怠感を感じたりすることがよくあります。それ以外にも、顔に使用した場合に表情のバランスが狂ったり顔の筋肉が動かなくなったりすることもあるかもしれません。ただしこれらの症状はいずれも一過性の症状なので、出たとしてもそれほど心配することはないはずです。これとは逆に、施術後一週間以上経過してもそれらしい効果がみられないことがあります。この場合は薬の投与量が足りていない可能性もあるので、一度クリニックでチェックしてもらいましょう。基本的に投与量不足が原因と診断された時は、再度ボトックス注射を受けることができます。とはいえ通常は副作用を避けるため、最初の施術から2週間ほど間隔をあけて再投与するのがベストです。使い方さえ間違えなければ、副作用やダウンタイムが少なく安全に整形できるのがボトックス注射です。施術をする際の注意点はカウンセリングでよく説明を受けるので、できるだけ聞き漏らさないようにしましょう。なおボトックス注射でよくある失敗例は、薬の量が多かったり打つ場所がずれてしまったりしたことが原因で副作用が出てしまうパターンです。こうしたことは、ボトックス注射や解剖学の知識が豊富でスキルの高いドクターが施術することでかなり防ぐことができます。加えて信頼のおけるメーカーが作った高品質な製剤を使えば、効果が常に安定しているので失敗する確率をかなり下げることができるでしょう。ちなみにこの治療でもっとも信頼性が高い製剤は、アメリカの製剤メーカーであるアラガン社が製造販売しているボトックスビスタです。この製剤メーカーの出す物は、日本の厚生労働省から唯一認可を受けているのでその点からみても安心できます。さらにアラガン社は独自の認可医の検定があるので、それに合格している医師なら一通りの知識や技術を有しているはずなのでその分信頼できるといえます。その上でカウンセリングや保証がしっかりしているクリニックなら、万が一のことがあっても慌てずに対処することが可能です。ボトックス注射で失敗したくない方は、必ずこの点に気を付けて施術するクリニックを選ぶようにしましょう。

Copyright© 2018 負担が軽いボトックス注射で注意すべきコト|医師との話し合いが重要 All Rights Reserved.